ruri_bana人生設計


運命式の算出
 大運、年運も出せます
算命学の星
 算命学高尾学館

kansihyo.pdf
 干支・蔵干表
jyunidaijyusei.pdf
 十二大従星点数表
isou.pdf 
 位相法



カウンター







 

算命占科2017 




「宿命の消化」
 NHK大河ドラマで直虎を演じる柴咲コウさんの宿命を見てみたいと思います。
☆柴咲コウ 1981.8.5(36)  女優、歌手

 0
0
石門星

4
 72
貫索星

0
0
調舒星
大半会

天剋地冲

1
23
鳳閣星
丁乙己

0
0
司禄星




1
23
禄存星
子丑
車騎星
天馳星

0
0
牽牛星
貫索星
禄存星
車騎星

2
40
車騎星
天禄星
貫索星
天印星

0
0
玉堂星

鳳閣星


0
0
龍高星

 日干と月干は「大半会」します。半会して木性に変化しすから、まさに草花が咲き誇る草原の姿です。そして日干と年干は「天剋地冲」です。柴咲さんが20歳のとき、お母さんが病気で亡くなったそうです。その年は「辛巳」で、東方「大半会」になり、柴咲さんの宿命の天剋地冲(母の座)と、大きな矛盾になる年でした。とても辛く悲しい出来事ではありましたが、自分の宿命の天剋地冲を消化したことにもなります。お母さんが悪いものを持って行ってくれたのでしょう。
 また、年干の「辛」は茂りすぎた草花を刈るハサミの役割をします。それがお父さんの座でもあり、夫の干でもあります。柴咲さんはまだ結婚されていないようですから、「辛」は異性になります。夏生まれの草花ですから、適度に刈って風通しを良くしないとムレてしまいます。また柴咲さんは水性がないので水性「癸」が天干にある男性は守護神になります。柴咲さんの命式にとって男性はありがたい存在なのです。陽占を見ると、「車騎星」が二つありますから、男性遍歴の暗示もあります。
 また、陽占の星〔貫索・車騎・禄存・鳳閣〕がすべて陽の星ばかりで、表面の性格はハッキリした男性的な面が現れています。しかし内面は女性らしい人でもあるでしょう。「陽極まれば陰」ですから。
 中央の「禄存星」は愛と財を惹きつける魅力の星であり、事業家としても成功しそうです。そして二つづつある「貫索星(自己)」と「車騎星(仕事、異性)」が特徴になります。「天印星」は、恵まれた中年期と可愛らしさで徳のある人です。裏に表現の星「鳳閣星」があり、歌手としても活躍されています。またお料理も上手のようです。




「覚悟」
 渦中の人となった、横綱「日馬富士」の運勢が気になります。
▼ 「覚悟」の続きを読む





「家族」
 相撲界に激震が走る中、注目を集めている貴乃花親方と家族に注目してみたいと思います。
▼ 「家族」の続きを読む





「子宝」
三人目のお子さんを授かった石田さん夫妻、誕生時は65歳と42歳という高齢出産ですが、ご安産をお祈りいたします。
▼ 「子宝」の続きを読む





「人を育てる」
 『いつやるの、今でしょ』の林先生、ご家族の経歴もすごいです!!
▼ 「人を育てる」の続きを読む





「生きる選択」
 つんくさんはがんのため声を失いましたが最近、食道発声法によって意思疎通ができるようになったとか…。
▼ 「生きる選択」の続きを読む





「絆」
 注目度の高い小泉家の兄弟をのぞいてみることにしました。
▼ 「絆」の続きを読む





「批判の人」
 民進党の蓮舫さん、二重国籍問題、そして発言の矛盾などが批判の的となっているようです。
▼ 「批判の人」の続きを読む





「オーガニック生活」
 杉田かおるさん、見かけない間にご結婚されていて、お母さんの介護もされているようです。
▼ 「オーガニック生活」の続きを読む





「飛翔」
 世界が注目する大谷翔平選手、いよいよ日本を飛び立つときが来ました。
▼ 「飛翔」の続きを読む





「受賞」
 ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロさん、同じ日本人として誇りですし、うれしいですね。
▼ 「受賞」の続きを読む





「決断」
 民進党の前原誠司さん、「打倒"安倍政権」をスローガンに希望の党へ合流したものの…。
▼ 「決断」の続きを読む





「トランスジェンダー」
 性同一性障害を告白、そして契約結婚をしている能町みね子さんとはどんな人なのでしょうか。
▼ 「トランスジェンダー」の続きを読む





「希望という名の」
 新党を立ち上げた小池百合子さん、勢いは留まることが無いようです。
▼ 「希望という名の」の続きを読む





「新しい未来へ」
 一年後に引退を宣言した安室奈美恵さん、25周年を機に次のステップへと一歩踏み出しました。
▼ 「新しい未来へ」の続きを読む





「姉御肌」
 芸能界では強烈なキャラの泉ピン子さん、実生活では意外な顔を見せています。
▼ 「姉御肌」の続きを読む





「スピード離婚」
 結婚生活2年で終止符を打った尾野真千子さん、何が決め手になったのでしょうか。
▼ 「スピード離婚」の続きを読む





「自分流」
 武井咲さん、自分流を貫きました。TAKAHIROさんとの相性が気になりますね。
▼ 「自分流」の続きを読む





「シンデレラ」
 民進党の山尾志桜里さん、当選二期目にしてスピード出世を果たしますが、不倫疑惑の責任をとり離党届を出しました。
▼ 「シンデレラ」の続きを読む





「妹思い」
 麻央さんの75日祭と納骨を済ませたとブログで報告した姉の小林麻耶さん、そして海老蔵さんも気持ちの上で一つの区切りを迎えたのではないでしょうか。
▼ 「妹思い」の続きを読む





「ストイック」
 これほどストイックな人はいないと言っていい鶴太郎さん、次々と才能を開花しました。
▼ 「ストイック」の続きを読む





「自分らしさの表現」
 24時間TVで90キロを完走したブルゾンちえみさん、どんな宿命なんでしょうか。
▼ 「自分らしさの表現」の続きを読む





「変身」
 不倫問題で周囲を驚かしたベッキー、TVで見ない日はないほど活躍されていたのに残念ですね。なぜこんなに尾を引くのでしょう。
▼ 「変身」の続きを読む





「最低から最高へ」
 最低から最高に昇りつめたアンミカさん。一体どのような宿命の持ち主なのでしょうか。
▼ 「最低から最高へ」の続きを読む





「赤い糸」
 お笑い芸人の藤井隆さん、タレントの乙葉さんと結婚して12年目だそうですが素敵なご夫婦ですね。
▼ 「赤い糸」の続きを読む





「雨ニモマケズ」
 「雨ニモマケズ、風ニモマケズ」は、あの有名な宮沢賢治の詩ですが、代表作品を読み返してみて、心が洗われる想いがしました。特に「グスコーブドリの伝記」「銀河鉄道の夜」は心に残った作品のひとつです。
▼ 「雨ニモマケズ」の続きを読む





「裏表のない人」
 雨上がり決死隊の宮迫さん、またしても不倫疑惑が報じられました。5年前には初期の胃ガンがみつかり手術をされています。
▼ 「裏表のない人」の続きを読む





「お父さんが3人」
 ドラマでブレイク中の高橋一生さん、役になりきる演技力が抜群です。どんな宿命をお持ちなんでしょうか。
▼ 「お父さんが3人」の続きを読む





「信念の人」
 「仕事人内閣」の総務相に決まった野田聖子氏、6年前には50歳で妊娠・出産と何かと話題になりました。
▼ 「信念の人」の続きを読む





「苦労人」

 NHK朝ドラで活躍の有村架純さん、ドラマのヒロインと同じく彼女も苦労人のようです。
▼ 「苦労人」の続きを読む





「方向転換」

 14年に覚せい剤取締法違反で有罪判決をを受けた歌手のASKAさんが元アナウンサーの妻・洋子さんと離婚したと明かしました。
▼ 「方向転換」の続きを読む





「波乱万丈」

 人気上昇中のムロツヨシさんは、幼いころ波乱万丈な生い立ちだったと明かしています。
▼ 「波乱万丈」の続きを読む





「宿命を生きる」

 105歳の天寿を全うされて天国へと旅立った日野原重明さん、医師として人として命の尊さを身をもって示されました。
▼ 「宿命を生きる」の続きを読む





「恋多き女」

 松田聖子さんといえば、恋多き女として話題は尽きません。
▼ 「恋多き女」の続きを読む





「離婚は是か非か」

 最近、森昌子さんをTVよく見かけるようになりました。お子さんともどもご活躍の様子です。元夫婦の相性が気になりますね。
▼ 「離婚は是か非か」の続きを読む





「ヒモ夫」

 女芸人の山田花子(さん)の夫がネット上でヒモ呼ばわり、どうもヒモと呼ばれても仕方がない現状があるようです。
▼ 「ヒモ夫」の続きを読む





「暴言の人」

 衆議院議員の豊田真由子さん、秘書へのパワハラが問題となっています。エリート出身という豊田さんに何があったのでしょうか。
▼ 「暴言の人」の続きを読む





「卒婚(?)」

 船越英一郎さんは松居一代さんと離婚の決断をしたものの、仕事への影響を考え、「卒婚」という形をとったとか。卒婚とは籍はそのままで別居生活の事のようです。二人の相性は…。
▼ 「卒婚」の続きを読む





「スピリチュアルな星」

 スピリチュアルというと、「天極星」「天馳星」「天報星」の星です。人間の一生を十二に区分したのが十二大従星で、肉体の時間経過「栄枯盛衰」を表しています。
▼ 「スピリチュアルな星」の続きを読む





「晩年期が悠々たる人生」

 晩年期が悠々たる人生になる星は、「天恍星」「天南星」「天禄星」のある人たちです。
▼ 「晩年期に悠々たる人生」の続きを読む





「初年期にシーソーゲーム」

 初年期に問題が出やすい星は、「天極星」「天馳星」「天将星」の三星です。「天極星」「天馳星」は中年期にも問題があるのにと思うでしょう。初年期では星の特徴のほかに、家族を巻き込んだ形でシーソーゲームになりやすいのです。
▼ 「初年期にシーソーゲーム」の続きを読む





「中年期に谷間がある人」

 人生を大きく分けると、初年期、中年期、晩年期になります。その中でも中年期というのは一番、力が出せる時です。年齢で言えば30才〜55才くらいまで、俗にいう働き盛りです。
▼ 「中年期に谷間がある」の続きを読む





「鬼嫁で有名な、あの夫婦」

 以前、夫婦間の「天剋地冲の相性」で書きましたが、つい先日ある芸能人の話(TV)を聞いて、もしや天剋地冲ではと調べたところ、まさに天剋地冲の相性でした。
▼ 「鬼嫁で有名な、あの夫婦」の続きを読む





「インパルス堤下」

 お笑い芸人「インパルス堤下」が、反対車線にはみ出し道路の中央部分に停車していたため取り調べを受けたとか。睡眠薬とアレルギー薬を飲んで運転したと説明、謝罪したとのこと。大きな事故につながらなくてラッキーでしたよね。
▼ 「インパルス堤下」の続きを読む





「天才棋士」

 今、話題の「天才中学生棋士の藤井聡太くん」は、どんな命式なのでしょうか。
▼ 「天才棋士」の続きを読む





「運命に乗る」

 陰占でいう季節感はとても重要なポイントです。自分の生まれた季節そして、大運に廻る季節でそれぞれの生き方があるという理論があります。これについては後に送ります。
▼ 「運命に乗る」の続きを読む





「冬の干支絵」

 冬になると、寒気が強くなります。動物や植物たちも冬眠に入り、静かにじっと春を待つ季節です。そのため冬生まれ(亥・子・丑月生まれ)の人は、冷静な質(クールな)と忍耐力が備わります。
▼ 「冬の干支絵」の続きを読む





「秋の干支絵」

 秋になると、空気が乾燥して澄んできます。秋は作物が実り刈り入れの季節、そのため秋生まれの人(申・酉・戌月生まれ)は、現実を重視する割り切った(ドライな)質が備わります。
▼ 「秋の干支絵」の続きを読む





「夏の干支絵」

 夏の季節になると、太陽の強烈な光と熱で気温もグングン上がります。夏は燃えるような(ホットな)季節です。夏生まれの人(巳・午・未月生まれ)には、情熱の質が備わっています。
▼ 「夏の干支絵」の続きを読む





「春の干支絵」

 干支絵を描くときは、季節感がとても大切です。
 春は日ごとに陽気が増し、大地の草木が芽を吹きます。春は湿りのある(ウエットな)、もっとも成長する季節になります。春(寅・卯・辰の月)に生まれた人は、情に厚い質を持ち続けます。
▼ 「春の干支絵」の続きを読む





「干支絵」

 日干の五行によって気の流れを見てきましたが、さらに陰占を
イメージしやすい干支絵を描く手順を見ていきます。
▼ 「干支絵」の続きを読む





「日干が水性」
 日干が水性の人
▼ 「日干が水性」の続きを読む





「日干が金性」
 日干が金性の人
▼ 「日干が金性」の続きを読む





「日干が土性」
 日干が土性の人
▼ 「日干が土性」の続きを読む





「日干が火性」
 日干が火性の人
▼ 「日干が火性」の続きを読む





「日干が木性」

 日干ごとに気の流れの特徴を見ていきましょう。
▼ 「日干が木性」の続きを読む





「五行で見る財禄」

 五行は図のような流れを持っています。これを気図法といいます。
▼ 「五行で見る財力」の続きを読む





「宿命にない五行」

 宿命の五行を出してみて、そこに無い五行を見つけます。
▼ 「宿命にない五行」の続きを読む





「天中子」
 
親の天中殺や、大運天中殺で生まれた子供は「天中子」といいます。天中殺期間というのは、天が味方しない時期です。その期間に授かった子供は親の子というより、天から預かった子と算命学では考えます。
▼ 「天中子」の続きを読む





「同一中殺」

 同じ天中殺を持つどうしを「同一中殺」と言います。会ってすぐに気が合う間柄になり、生涯長く付き合えるようになります。お互い分かり合える良い相性なのですが、仕事関係や友人はともかく恋人どうしの場合は要注意です。
▼ 「同一中殺」の続きを読む





「相互中殺」

 互換中殺と名前は似ていますが、「相互中殺」は宿命とは関係ありません。個人対個人の複数関係において成立します。
▼ 「相互中殺」の続きを読む





「互換中殺」

 生日天中殺があり、さらに生日干支の天中殺範囲が生年支にある命式を「互換中殺」といいます。
▼ 「互換中殺」の続きを読む





「生日天中殺」

 宿命の生年天中殺や生月天中殺と並んで、「生日天中殺」というのがあります。日支が天中殺に遭っているということで、年干支の天中殺範囲が日支にあることをいいます。
▼ 「生日天中殺」の続きを読む


干支表kansi.pdf



「干合で恋花」

 干合するとどうなるかです。
干合というのは、配偶者を探すときに見る方法で、まるで化学変化のように赤から青に変化してしまう現象なのです。
▼ 「干合で恋花」の続きを読む





「宿命の特徴」

 五柱法と同じように宿命の三柱で特徴をつかみましょう。
▼ 「宿命の特徴」の続きを読む





「五柱法と健康」

 運勢を見る方法の一つに「五柱法」があります。
▼ 「五柱法と健康」の続きを読む





「西方の星」
▼ 「西方の星」の続きを読む





「南方の星」
▼ 「南方の星」の続きを読む





「東方の星」
▼ 「東方の星」の続きを読む





「北方の星」
▼ 「北方の星」の続きを読む





「年運の見方」

 算命学に興味を持つ方が一番、気になるのは自分の運勢だと思います。なぜこうなったのか、これからどうなるのか、とりわけ今年の運勢を知りたいと思うのは誰しも同じです。
▼ 「年運の見方」の続きを読む

 
十二大従星点数表jyunidaijyusei.pdf



「異常干支の人」

 引き続き、宿命の「異常干支」について深堀しましょう。
前回も説明しましたが、↓の13種の干支が宿命の年月日にある場合です。
▼ 「異常干支の人」の続きを読む





「変剋律大運」

 大運には「変剋律大運」という大運があります。それを知る手がかりは13種の異常干支です。十二支の子(ね)・巳(み)・午(うま)・戌(いぬ)・亥(い)に集中しています。
▼ 「変剋律大運」の続きを読む





「家族の相性」

 これまで特殊位相の相性をみてきました。
まとめると夫婦、親子などの家族の場合は場所に関わらず、律音、納音、大半会があれば、縁の深い関係になり、家族として理解もでき、信頼も生まれます。どれも同じ天干を共通にしていますから、精神のつながりがあります。
▼ 「家族の相性」の続きを読む





「天剋地冲の相性」

 「天剋地冲」は天干が陽どうし、陰どうしで剋し合い、十二支は対冲になるものをいいます。↓表参考
▼ 「天剋地冲の相性」の続きを読む





「大半会の相性」

 お互いの干支が「大半会」になる相性です。
天干が同じで、十二支が半会すると「大半会」になります。
▼ 「大半会の相性」の続きを読む





「納音の相性」

 今回は「納音」の相性です。
「納音」は天干が同じで十二支が対冲している場合です。「納音」は音が納まる、落ち着くという意味があり、物事にブレーキをかけることをいいます。
▼ 「納音の相性」の続きを読む





「律音の相性」

 前回は精神と現実がそれぞれ働いた場合の相性をみました。
精神と現実が一体化したのが、特殊位相の相性です。人は精神と肉体が一致してこそ、大きな力が働きます。
▼ 「律音の相性」の続きを読む





「相性」

 ここから相性についてみていきましょう。
身近な人との相性はとても気になります。相性には精神的な相性、現実的な相性の二つがあります。
▼ 「相性」の続きを読む





「人生のポイント…」

 人生のポイントになるのが特殊位相法です。
特殊位相法とは「大半会」「納音」「律音」「天剋地冲」の4種類です。
▼ 「人生のポイント」の続きを読む





「位相法」

 位相法について少し掘り下げてみましょう。
位相には(まとまる)と(離れる)があります。どちらも十二支の関係が基本になります。
▼ 「位相法」の続きを読む





「今年の運勢」

 今年の運勢をみてみましょう。今年の干支は「丁酉」です。
自分の干支「生日・生月・生年」を運命式の算出からメモしてください。宿命の干支が、今年廻る干支と、どんな関係になるのかをみます。
▼ 「今年の運勢」の続きを読む





「大運天中殺2」

 宿命に「生年天中殺・生月天中殺」を持つ人の天中殺現象について解説したいと思います。前々回、宿命に天中殺があると二重天中殺になるということを書きました。大運天中殺に関しても少し違った現象になります。
▼ 「大運天中殺2」の続きを読む





「大運天中殺」

 左の「運命式の算出」から生年月日を入力すると、簡単に大運と年運を出すことができます。その大運の並びの中に、天中殺の十二支があると、「大運天中殺」になります。サイトの中では少し色がついています。
▼ 「大運天中殺」の続きを読む





「宿命天中殺」

 宿命の十二支に天中殺のえとがあると、宿命天中殺になります。年にあると「生年天中殺」、月にあると「生月天中殺」といいます。天中殺の上に天中殺が重なり、二重の天中殺になります。
▼ 「宿命天中殺」の続きを読む





「人生設計」

 算命学は「気」の学問で、気は「心模様」を表しています。目に見えない気を陽占という形によって、見えるようにしています。それが十大主星や十二大従星になります。
▼ 「人生設計」の続きを読む





「天中殺の種類2」

 家系の流れを継承する天中殺とは別に、家系の流れには入らない天中殺があります。それは辰巳天中殺と戌亥天中殺です。この二つの天中殺はとても個性的で、家系のはみ出し者と言われます。
▼ 「天中殺の種類2」の続きを読む





「天中殺の種類」

 今回は天中殺について掘り下げてみましょう。
 日干支から見る天中殺には全部で6種類あります。子丑天中殺、寅卯天中殺、辰巳天中殺、午未天中殺、申酉天中殺、戌亥天中殺です。
▼ 「天中殺の種類」の続きを読む





「大運の読み方」

 大運の星について、もう少し掘り下げてみましょう。
▼ 「大運の読み方」の続きを読む





「星の特徴」

 今日は星の特徴について書いてみましょう。
▼ 「星の特徴」の続きを読む





「玉堂星」

 玉堂星は学んで知る知恵の星。「古典・伝統・学問・芸術・理屈・保守的・慈愛」。この星が宿命にあると、目上、とくに母親との縁が深くなります。
▼ 「玉堂星」の続きを読む





「龍高星」

 龍高星は動いて知る知恵の星。「改革・放浪・忍耐・離別・型破り・好奇心・冒険」。この星が宿命にあると、常に新しい世界を求めます。
▼ 「龍高星」の続きを読む





「牽牛星」

 牽牛星は集団で攻撃する星。「名誉・名声・プライド・自尊心・責任感・几帳面」。この星が宿命にあると、自尊心やプライドが高く、自分を高めようと努力する人になります。
▼ 「牽牛星」の続きを読む





「星の位置」

 ここでもう一度、宿命の星の位置について解説します。
▼ 「星の位置」の続きを読む





「車騎星」

 車騎星は個人的な攻撃の星。「戦い、闘争心、行動力、一本気、真面目、正直」。この星が宿命にあると、ひとところでじっとしていることがてきない性分です。持ち前の行動力で現状打破するのは朝飯前。
▼ 「車騎星」の続きを読む





「司禄星」

 司禄星はモノを引きつける星。「蓄積・家庭・堅実・地道・倹約・貯蓄・金銭」。この星が宿命にあると、堅実に人生を歩む人になります。禄存星が周りの他人に愛情を注ぐのに対して、司禄星は家庭に愛情を注ぎます。身内意識が強いマイホーム主義であり、男女ともにとても家庭的です。
▼ 「司禄星」の続きを読む





「禄存星」

 禄存星は人を引きつける星。「愛情・奉仕・思いやり・人情・経済・回転財」。この星が宿命にあると、愛情深い人情家になります。
▼ 「禄存星」の続きを読む





「調舒星」

 調舒星は個人的に伝える星。「孤独・繊細・想像・芸術・完璧主義・批判・デリケート」。この星が宿命にあると、感受性が強くロマンチストです。
▼ 「調舒星」の続きを読む





「十二大従星」
 十二大従星について解説します。
▼ 「十二大従星」の続きを読む





「鳳閣星」

 鳳閣星は見たままを伝える星。「自由・遊び・自然体・のんびり・おおらか・冷静・食禄」。この星が宿命にある人は、大らかな雰囲気と、遊び心を持った人です。のんびりしているようで、意外に冷静な判断力を持っています。
▼ 「鳳閣星」の続きを読む





「石門星」

 石門星は集団を守る星。「和合・社交性・仲間意識・リーダーシップ・政治・宗教」。この星が宿命にある人は、協調性があり、人付き合いが上手です。
▼ 「石門星」の続きを読む





「貫索星」
 10年ごとに廻る大運の星は人生設計において重要なポイントになります。大運が何歳運かは、左の「運命式の算出」で生年月日を入れ大運の星を出してください。ただ、このサイトでは大運0歳と表示されますが、算命学では0歳運というのは無く、計算上0になった場合は1歳と定めています。ですから、初旬が0歳になった人は1歳としてください。大運は十大主星をメインとして、星のキーワードを活用します。十大主星は思考であり、十二大従星はエネルギーです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼ 「貫索星」の続きを読む





「占いの活用法」

 算命学では、運命とは持って生まれた宿命と、それを取り囲む環境との接点に生まれるエネルギーの燃焼度合いである』と、最初に習います。生年月日、性別、時代や国、両親などは変えることのできない「宿命」です。同じ日に生まれる人はたくさんいますが、環境は人それぞれ、同じ人生を歩む人は誰一人いません。
▼ 「占いの活用法」の続きを読む