ruri_bana人生設計


運命式の算出
 大運、年運も出せます
算命学の星
 算命学高尾学館

kansihyo.pdf
 干支・蔵干表
jyunidaijyusei.pdf
 十二大従星点数表
isou.pdf 
 位相法

星のバイオリズムbiorhythm.pdf

こよみ
koyomi2.pdf



メッセージフォーム
ご感想、ご意見などご利用ください。
※有料!人生相談にお申込み頂いた方で回答メールが届かない場合は↑メッセージフォームよりご一報ください。


カウンター

 

算命占科2019(続)                                                         カウンター




「勇気」

 マルチな才能があって個性的な中川翔子さん、TVやメディアに忙しく活躍されています。そんな"しょこたん"も中学生時代はいじめの被害者となり、引きこもりも経験します。自身の経験を元に出版した『「死ぬんじゃねーぞ!!」いじめられている君はゼッタイ悪くない』が話題となっています。

☆中川翔子さん (34歳) マルチタレント
  

2
10
壬午 龍高星 極2
(異)
寅  辰

1
20
癸未 玉堂星 庫5
対冲
  
卯  乙
 戊

2  
30
甲申 貫索星 馳1
大半会


1
40
乙酉 石門星 報3
大半会

 丙

0
50
丙戌 鳳閣星 印6
対冲   
(異)干合

石門星
天南星



60
丁亥 調舒星 貴9
天剋地中
(異)
石門星
禄存星
玉堂星



70
戊子 禄存星 恍7
半会  合
(異)
天堂星
牽牛星
天胡星










 "夏の樹木"ですから、癸壬(雨水)が守護神です。人物では母が有り難い人です。天干は〔甲×辛×乙〕と剋線ですから波乱が予想されます。自分(甲)と父の場所(乙)が剋されさらに、年支と月支〔巳と丑〕は半会し金性が強くなります。「乙」は金性に囲まれた状態となり非常に危ういです。そして、9歳の時、ミュージシャンでマルチタレントだった父が白血病で亡くなります。

 日干支「甲辰」は〔日居中殺〕といって、特殊な構造を持った干支です。自立心が強く聡明で、苦労があっても乗り越えていきます。月干支「辛巳」も異常(才能)干支ですから、個性的な宿命といえます。

 陽占図を見ると、東(対社会)に〔玉堂星〕があり、絵を書くのが大好きな少女で将来は漫画家になりたいと思っていたとか。玉堂星が東に出ると他人からは、静かで大人しく見られます。絵を書いたり勉強が好きな少女であり、活発に遊ぶタイプではありません。そんな姿がいじめっ子の勘にさわったのでしょう。オタクという理由でいじめが始まったといいます。

 中心は〔禄存星〕で周りは陰星〔牽牛星・玉堂星・石門星〕ですから、禄存星がとても目立ちます。優しく面倒見の良い魅力のオーラを発していたでしょう。そんな魅力的な彼女に嫉妬したのが原因と思います。いじめのターゲットは目立っても、目立たなくても、両方ありなのです。
 そして止まる星は〔石門星〕ですから、人間関係が人生のテーマです。そのために必ず気づきとして物事は起こります。
天南星〕は少し生意気な星・〔天胡星〕はクリエイティブな星・〔天堂星〕は落ち着いた悟りの星です。どれもミックスしてその時々に顔を見せます。

 大運1旬(10歳〜)は、壬・癸ともに守護神の大運ですが、東に〔害〕があるのでトラブルの多い10年です。特に〔壬〕の受け皿が宿命にはないので、守護神としての役目は果たしてくれません。
父が亡くなった9歳「甲戌」年は家庭〔納音〕でした。また、いじめは〔天中殺プラス忌神〕の年から始まります。忌神のときは星が陰転してどうしても負のオーラを出してしまいます。

 芸能界デビューは16歳「辛巳」年で中央〔律音〕の年、新しい未来が始まります。中央というのは、未来や家系が60年毎に刷新される場所です。そして現在の大運(30歳〜)は西〔大半会〕の10年ですから、活躍と結果が大きいでしょう。
 "しょこたん"にとって、その当時を振り返るのはとても辛いことに違いありません。本当のことは仲良しの母親にも言えなかったと明かしています。誰でも辛い思い出には蓋をして、なかったことにしたいと思うものですから、本を書くことに勇気がいったでしょう。




「発達障害」

 元アナウンサーの小島慶子さん、父親の仕事の関係で幼少時は生れも育ちも海外で過ごしました。小学生のとき日本に帰国したそうです。15歳で摂食障害を経験し、40歳を過ぎて軽度のADHDと診断されたと明かしています。
▼ 続きを読む





「方向転換」

 違法薬物所持で逮捕された沢尻エリカさん、検査では陰性反応となったもの、本人は10年前から使用していたと言っています。ところが証拠がないため不起訴になる可能性も出てきました。
▼ 続きを読む





「挑戦」

 元プロ野球選手の新庄剛志さん、SNSで現役復帰を目指すと宣言。来年の12球団合同トライアウトを目指し、トレーニングを開始したとあります。夢を語る新庄さんは、世間の常識を破ることが出来るでしょうか。
▼ 続きを読む





「決断」

 いくつになっても可憐な菊池桃子さんですが、エリート官僚(60歳)の方と再婚の報告がありました。長男(23歳)と長女(18歳)の後押しもあり、決断されたとのことです。相手の方は初婚ということで、お子さん共々も入籍されました。
▼ 続きを読む





「人間失格」

 映画化によって注目される文豪、太宰治とはどんな宿命を背負っていたのでしょうか。たまたま読んでいた太宰治ベスト集から、人間であること、生きることに苦悩する一人の青年が浮かび上がります。
▼ 続きを読む





「幸せの追い風」

 29歳になった浅田真央さん、結婚の話題もチラホラと聞かれます。みんなが注目する真央さんの結婚、はたしてどうなのでしょうか。
▼ 続きを読む





「あれから5年」

 STAP細胞の発見者として注目を浴びた小保方晴子さん、当時(2014年)は大変な騒ぎでした。『捏造の科学者』と評される中、真相は表に出ることもなく5年が過ぎました。
▼ 続きを読む





「やり直すチャンス」

 お母さんが亡くなって6年、いまだに暗闇をさまよっているような杏里さん、天国のお母さんも悲しんでいるでしょうね。
▼ 続きを読む





「止まらない挑戦」

 パラアスリートの重本沙絵さん。生れたときから右腕のひじから先がないというハンデを負っていますが、ハンドボール高校総体でベスト8、国体にも出場。2016リオパラリンピックでは銅メダルを獲得しました。
▼ 続きを読む





「ステキな笑顔」

 笑顔が最高の渋野日向子さん、プロゴルファーになって初めての「AIG全英女子オープン」においてメジャー優勝を果たしました。渋野さんはアスリートの両親を持ち、三姉妹の二女として誕生しました。
▼ 続きを読む





「幸せオーラ」

 昨日、結婚&妊娠というおめでたいニュースが速報として流れました。ビックリするとともに、お幸せそうなお二人にこちらも幸せな気分にさせていただきました。本当におめでとうございます☆。
▼ 続きを読む

算命占科2019へ